和婚をする際には神社に合わせて日程を組むことが大事です

結婚式での動き

プレゼント

結婚式は人間にとって自分の一生を左右する最も大きな節目です。一方、招待される側からすればご祝儀の負担や当日の予定などを加味して出席を控えたくなる状況も存在しています。特に仲間内の結婚式であれば、そこには様々な人間関係が生まれますから、常に笑顔で出席できるとは限りません。気まずい相手の結婚式に招待された場合、欠席の連絡を入れる事になりますが、その代り祝電を届けるようにしましょう。今後の人間関係を円滑にするためにも重要な配慮です。結婚式に祝電を送る場合、マナーを守ってサービスを使用するようにしましょう。例えば電報に新婦の名前を綴る場合、新姓を書きがちですが、祝電では旧姓で贈るのがマナーです。気を付けるようにしましょう。

近年、結婚式に祝電を贈るサービス業者では、当日受付で午後に届けてくれる場所も存在していますので、急に祝電を思いついた場合はそのような業者を使用するようにしましょう。一方プレゼントなどを添える場合、式場に配置する場所を探す必要がありますので、できるだけ前日か二、三日前に届けるのが望ましいと言われています。結婚式当日に祝電を読み上げてもらう場合の手筈などもありますので、当日より早く届けるのがベストです。また祝電を送る場合に気になるのが名前の書き方です。結婚式ですから、新郎新婦の連名で送った方が礼儀正しいのではないかと思いがちですが、もしも自分自身がパートナーになる方と面識がない場合は連名では送りません。注意しましょう。